初心者向け!ライフラインまとめサイト

Wi-Fiなどライフラインの知識が浅い方向けに情報を発信しています!

ウォーターサーバーは高い!コーヒーが飲めるサーバーも?

友人が使っているウォーターサーバー便利そうだなあ

置くか迷うなあ、でも高いよね…?

と迷われているあなた、

結論、ウォーターサーバーは高いです。

それでも、おいしい水やコーヒーがすぐに飲めたりとメリットもありますので、

ウォーターサーバーを置く理由など、ご紹介いたします。

ウォーターサーバーとは

まず、はじめにウォーターサーバーについて基礎からご紹介いたします。

①水とお湯が出る機械

ウォーターサーバーは水とお湯がすぐに出る機械です。

冷たくて美味しいお水が飲みたい方や、

お湯を沸かす手間が省けると、人気の商品です。

また、中にはコーヒーメーカーの機能が搭載されたサーバーもあります。

コーヒー好きな方にもおすすめの商品です。 

②使用方法

ウォーターサーバーには水のボトルを入れ替えるタイプと、

水道水をそのまま使う浄水型タイプの2つが主な種類としてあります。

ボトルを入れ替えるボトル交換型タイプは、1本あたりのボトル費用が決まっており、

浄水型は定額利用量を支払うことで利用できる点が基本的な形となります。

飲む方法はノズルを引いたりボタンを押したり、サーバーにより多少異なります。

③ボトルタイプの水が届く方法

基本的には何週間ごとなどと、配送サイクルを決めて水を届けてもらうシステムが多いです。

水が余っている際は配送の休止や、

水が早くなくなってしまった場合は早めに配送してもらうことが可能です。 

④費用は?

費用はサーバーや会社ごとに異なってくるのですが、

安いものだと2000円〜利用が可能です。

デザインにこだわらない、採水地にこだわらないなど

ただ新鮮な水が飲めればよいのであれば、安いサーバーもあります。

高いものだとトータル5000円ほどかかるサーバーもあります。

その分やすいサーバーに比べて機能やデザインが充実しているというような形です。  

ウォーターサーバーは高い?

ウォーターサーバーは、浄水機やスーパーなどの水を買うことと比べると高いです。

そのため、何よりも費用を重視するのであればウォーターサーバーは向かないでしょう。

しかし、ウォーターサーバーの利用が向いている方もいらっしゃいます。

向いているサーバータイプもまとめてみました。

①ボトル交換型がおすすめの方

目安として月に24L程度のお水を使う方の場合、ボトル交換型がオススメです。

浄水型だと、定額費用のため利用料が少ない方にとっては費用がかさんでしまう場合があります。

また、一回に届く水の量は24Lとは限らず、会社ごとにも異なってくるため、

量を飲まない方は一回に届く水の量を確認し、少ないサーバーを選ぶなど自身に合った量が届くサーバーをお選びください。

 

②浄水型がおすすめの方

目安として月に24L以上のお水を使う場合、

浄水型タイプであればサーバーのレンタル費用だけでご利用ができますので、

使用量が多い人は浄水型のウォーターサーバーがおすすめです。

 

ウォーターサーバーはこんな人にピッタリ!

それではウォーターサーバーの利用が向いている人はどんな人でしょうか?

①面倒くさがりな人

面倒くさがりな人にとっては

水を配送してくれる業者がいて、すぐに冷たい、温かい水を飲むことができるウォーターサーバーはピッタリと言えるでしょう。

買いに行く手間もお湯を沸かす手間も省けます。

②お子様がいる方

お子様がいる方にとっては、家事が大変な中お子様を連れて外に出るのも一苦労ですので、

面倒くさがりな方と同様ですが買いに行く手間がなく

すぐに冷たい、温かい水を飲むことができるウォーターサーバーはおすすめです。

また、チャイルドロック機能が搭載されたサーバーも多くありますので、

安全面もしっかりしたサーバーを選ぶことができます。

会社によってはママさんへの特別割引があるサーバーもありますので要チェックです。 

③インテリアにこだわっている方

ウォーターサーバーインテリアとしても人気です。

家具にこだわっている方は、

デザインがおしゃれかつ機能面として水も飲めるウォーターサーバーを置くことをおすすめしています。

 

まとめ

いかがでしたか?

基本的にウォーターサーバーは、電気代も少しとはいえかかりますので

スーパーで同じ量の水を買うよりも高いことが多いです。

そのため、値段重視の方にとっては向かないかなと思いますが、

すぐに水が飲みたい方やお子様がいる方にはおすすめできる商品です。

もし自分はウォーターサーバーが合うかもしれないと思った方は、

クーリングオフのあるサーバーもありますので一度導入してみてください。

サーバーや会社によって制度や特徴も異なりますので、不明な点は直接問い合わせてみてくださいね^^