初心者向け!ライフラインまとめサイト

Wi-Fiなどライフラインの知識が浅い方向けに情報を発信しています!

【引っ越し】Wi-Fiの解約ってどうしたら良い?移転?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220118230841p:plain


引っ越しするんだけど・・契約中のWi-Fiってどうすれば?

解約せずに引越し先でも使うことってできるのかな?

と不安な方へ。

結論、引越し先にも現住所のWi-Fiを持っていくことは可能です!

ただし、移転先が提供エリア外だった場合は持っていけないなど

いくつか注意点もありますので、合わせてご紹介いたします。

引っ越しのときの対応3選

引っ越しをするとき、契約中のWi-Fiの対応方法や引越し先でのお手配に悩みますよね。

通常の対応方法としては、「移転」という形で、現住所のネットを引越し先へ持っていくのが一般的です。

しかし、一度解約をして、新しくWi-Fiを手配したほうがオトクな場合もありますので、

状況別に見ていきましょう。

①移転費用がかかるWi-Fiを契約しているかどうか確認する

通常、現状の利用回線を引越し先へ持っていくとなると再度工事が必要なため、移転費用というものが発生します。

しかし、BIGLOBE光など、引越し先へネットを移転するにあたり移転費用が発生しないWi-Fiを契約している場合、

通常発生する移転費用というものがかかりません。

そのため、そのまま移転すると追加費用がかからないためお得です。

追加で費用をかけたくない人は、利用回線を確認し、費用をかけず移転ができます。

まずは契約時の書類や電話で契約元に確認し、移転費用がかかるか確認しましょう。

②キャッシュバックをもらうため解約をして新規で申し込む

移転費用がかかってしまう場合や、移転費用がかからなくてもキャッシュバックが欲しい場合

現住所の回線を解約し、引越し先で新規で申し込む方法もおすすめです。

インターネットの申込にあたり、キャッシュバックや商品のプレゼントなど

なにかキャンペーンを打っている会社が多くあります。

そのキャッシュバックをもらうために、現在のネットを一度解約して

引越し先で新規で申し込むという方法です。

その際、契約中のネットが更新月でない場合は現住所のネットの解約にあたり解約金が発生するので注意が必要。

しかし、ほとんどの会社が解約金をキャンペーンやキャッシュバックという形で補填してくれます。

解約金補填のキャンペーンがあるネットを新住所で申し込むことや、

そういったキャンペーンがなくてもたいてい新規で申し込んだネットのキャッシュバックで補填ができますので、

キャッシュバックが欲しい人には解約して新規で申し込むことをおすすめしています。

移転費用がかからない場合も、キャッシュバックでプラスになることがありますので

この方法を取るのもおすすめです。

③引越し先がエリア外だった場合は解約するしかない

先ほど紹介した2つの方法がおすすめですが、

そもそも引越し先に光回線が通っておらず、解約をするしかない場合もあります。

その場合は、現在のネットを解約し置型のWi-Fiだとエリアは通るか、

もしくはポケットWi-Fiだとエリア内なのか確認し、申し込むのが良いでしょう。

光回線と同様、キャッシュバックがついてくることもあります。

現在利用しているWi-Fiの解約方法は?

利用中のネットの解約方法は、契約元の会社に電話をすれば解約ができます。

また、更新月があるはずですので、解約のタイミングには気をつけてください。

引越し先のWi-Fiを申し込む方法は?

申込みをしたいネットが決まっているのであれば、そちらの会社に電話をするだけです。

キャッシュバックがほしい場合は、代理店を通すことがおすすめです。

もしどのネットを申し込むか悩んでいる、自身で判断が難しい場合は、

下記のような複数の回線を取り扱っている代理店に相談し、お客様にあった回線をご紹介してもらうこともおすすめです。

インターネット回線のお申込みはこちら

ルーターの購入も忘れずに!

また、無線でネットを使う、つまりWi-Fiを使うには無線ルーターが必要です。

契約元でルーターのレンタルも可能ですが、

長く使うのであれば買ったほうが安いので、ルーターも忘れずに購入してくださいね。

家電量販店での購入も可能です。

無線で利用したい、Wi-Fiを使いたい方はこちらの購入も忘れずに。


 

まとめ

いかがでしたか?

面倒という方は、そのまま契約しているネット会社へ連絡して、

費用がかかる、かからないにせよ移転手続きをとることがおすすめです。

しかし、他社のネットを知り乗り換えることで

今より安く、早くWi-Fiが使える可能性もありますので、

お客様にあったネットを探すことをおすすめいたします。

ウォーターサーバーは高い!コーヒーが飲めるサーバーも?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220118222719p:plain

友人が使っているウォーターサーバー便利そうだなあ

置くか迷うなあ、でも高いよね…?

と迷われているあなた、

結論、ウォーターサーバーは高いです。

それでも、おいしい水やコーヒーがすぐに飲めたりとメリットもありますので、

ウォーターサーバーを置く理由など、ご紹介いたします。

ウォーターサーバーとは

まず、はじめにウォーターサーバーについて基礎からご紹介いたします。

①水とお湯が出る機械

ウォーターサーバーは水とお湯がすぐに出る機械です。

冷たくて美味しいお水が飲みたい方や、

お湯を沸かす手間が省けると、人気の商品です。

また、中にはコーヒーメーカーの機能が搭載されたサーバーもあります。

コーヒー好きな方にもおすすめの商品です。

 

②使用方法

ウォーターサーバーには水のボトルを入れ替えるタイプと、

水道水をそのまま使う浄水型タイプの2つが主な種類としてあります。

ボトルを入れ替えるボトル交換型タイプは、1本あたりのボトル費用が決まっており、

浄水型は定額利用量を支払うことで利用できる点が基本的な形となります。

飲む方法はノズルを引いたりボタンを押したり、サーバーにより多少異なります。

③ボトルタイプの水が届く方法

基本的には何週間ごとなどと、配送サイクルを決めて水を届けてもらうシステムが多いです。

水が余っている際は配送の休止や、

水が早くなくなってしまった場合は早めに配送してもらうことが可能です。

④費用は?

費用はサーバーや会社ごとに異なってくるのですが、

安いものだと2000円〜利用が可能です。

デザインにこだわらない、採水地にこだわらないなど

ただ新鮮な水が飲めればよいのであれば、安いサーバーもあります。

高いものだとトータル5000円ほどかかるサーバーもあります。

その分やすいサーバーに比べて機能やデザインが充実しているというような形です。

ウォーターサーバーは高い?

ウォーターサーバーは、浄水機やスーパーなどの水を買うことと比べると高いです。

そのため、何よりも費用を重視するのであればウォーターサーバーは向かないでしょう。

しかし、ウォーターサーバーの利用が向いている方もいらっしゃいます。

向いているサーバータイプもまとめてみました。

①ボトル交換型がおすすめの方

目安として月に24L程度のお水を使う方の場合、ボトル交換型がオススメです。

浄水型だと、定額費用のため利用料が少ない方にとっては費用がかさんでしまう場合があります。

また、一回に届く水の量は24Lとは限らず、会社ごとにも異なってくるため、

量を飲まない方は一回に届く水の量を確認し、少ないサーバーを選ぶなど自身に合った量が届くサーバーをお選びください。

②浄水型がおすすめの方

目安として月に24L以上のお水を使う場合、

浄水型タイプであればサーバーのレンタル費用だけでご利用ができますので、

使用量が多い人は浄水型のウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーはこんな人にピッタリ!

それではウォーターサーバーの利用が向いている人はどんな人でしょうか?

①面倒くさがりな人

面倒くさがりな人にとっては

水を配送してくれる業者がいて、すぐに冷たい、温かい水を飲むことができるウォーターサーバーはピッタリと言えるでしょう。

買いに行く手間もお湯を沸かす手間も省けます。

②お子様がいる方

お子様がいる方にとっては、家事が大変な中お子様を連れて外に出るのも一苦労ですので、

面倒くさがりな方と同様ですが買いに行く手間がなく

すぐに冷たい、温かい水を飲むことができるウォーターサーバーはおすすめです。

また、チャイルドロック機能が搭載されたサーバーも多くありますので、

安全面もしっかりしたサーバーを選ぶことができます。

会社によってはママさんへの特別割引があるサーバーもありますので要チェックです。

【クリクラママ】無料お試しプログラム

③インテリアにこだわっている方

ウォーターサーバーインテリアとしても人気です。

家具にこだわっている方は、

デザインがおしゃれかつ機能面として水も飲めるウォーターサーバーを置くことをおすすめしています。

まとめ

いかがでしたか?

基本的にウォーターサーバーは、電気代も少しとはいえかかりますので

スーパーで同じ量の水を買うよりも高いことが多いです。

そのため、値段重視の方にとっては向かないかなと思いますが、

すぐに水が飲みたい方やお子様がいる方にはおすすめできる商品です。

もし自分はウォーターサーバーが合うかもしれないと思った方は、

クーリングオフのあるサーバーもありますので一度導入してみてください。

サーバーや会社によって制度や特徴も異なりますので、不明な点は直接問い合わせてみてくださいね^^

Wi-Fiを代理店で申し込むメリットって?公式との違いはなに?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113233641p:plain


インターネットを公式から申し込んでいると思ったら代理店だったけど大丈夫なのかな…

公式との違いってなにがある?メリットやデメリットは?

と気になった方へ、

結論、代理店=詐欺ということではありませんし、

代理店からの申込みだとキャッシュバックなどプレゼントがもらえるのでお得なことが多いので、一度ご安心ください!

公式との違いなど、まとめてみました。

代理店と公式の違い

まずはじめに、公式と代理店の違いについてです。

主な違いとしてはシンプルで、代理店を通して申し込みをしているか、

直接販売元、公式で申し込みをしているのかの違いになります。

インターネットの提供元が、代理店とパートナー提携を組んで、

代理で販売している状態が代理店です。

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113225240p:plain

そのため、代理店で申し込んだとしても、

契約自体は大元の提供元、公式と契約を結んだことになります。

代理店は危険?

基本的に提供元ときちんとパートナー契約を結んで営業しているため、

代理店が危険ということはありません

しかし、代理店提携を組まずに代理店だと名乗っている可能性もありますので、

正規代理店かどうかの確認はしたほうが良いです

怪しいと思ったら

電話番号と会社名をメモり、検索する、

それでも不明であれば直接NTTへ代理店契約があるか確認の連絡をする、

消費者センターに相談するようにしましょう。

代理店から申し込むメリットは?

一番のメリットは代理店独自のキャッシュバックやプレゼントがあるところでしょう。

代理店も複数あり、

自身の代理店で申し込んでほしいという点から

キャッシュバックやプレゼントなどで他社代理店との競合を測っています。

私としては生活に必要なインターネットを申し込むに当たり、

キャッシュバックがもらえるのは大変ラッキーなことなので、

代理店を通して申し込むことをおすすめしています。

代理店から申し込むデメリットは?

代理店で申し込みをするため、

代理店に個人情報をお伝えする必要があります。

また、キャッシュバックプレゼントに当たりオプションの加入がいるなど、条件がある場合もあるので

一度問い合わせをして、条件もしっかりと聞いておきましょう。

何かあったとき問い合わせはどこにすればいいの?

問い合わせは提供元、公式に問い合わせをして良いです。

例えばNTTのフレッツ光をA社代理店で申し込んだ場合、

フレッツ光に関する問い合わせはNTTに問い合わせをするということになります。

契約を結んでいるのも、支払いも直接NTTになりますので、契約回線元に問い合わせをしましょう。

代理店のA社に問い合わせをすることがあるとすると、キャッシュバックやプレゼントのことになるでしょう。

もちろん、一度A社に連絡をして、問い合わせ先を教えてもらうことも可能です。

まとめ

いかがでしたか?

代理店で申し込むメリットとしてはキャッシュバックなどお得がある点と言えるでしょう。

代理店のメリット、デメリットを把握した上でしっかりと考え、

個人にあったインターネットのお申し込みをしてください^^

工事が早いWi-Fiって?予約が空いている時期や工事の内容は?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113191949p:plain


早く使いたいのに工事の予約が2ヶ月後‥

早く工事してくれるところはないの!?

と、急いでいる方にとっては時間がかかってしまうことが多く、すぐに使えないのが光回線の特徴。

結論、ネット工事の納期は

混み合い状況によるため、工事が早いと断言できるWi-Fiはないんです。。

しかし!そんな方でも早くネットを利用する方法がありますので、

いくつかご紹介いたします。

工事が混み合う時期はいつ?

工事の予約が込み合う時期は、

引っ越しシーズンの12月〜3月のお申し込みが混み合いやすいです。

また、手配を忘れていて引越し後も申し込みが多いことから

4,5月も比較的混み合います。

6〜11月は比較的落ち着いているので、申込み時期としては穴場です。

急いでいる方におすすめの利用法

なるべく早く申し込んでおくのがおすすめの光回線

早く利用するための方法をまとめました。

①平日でも工事の立ち会いが可能なよう知人含め調整する

光回線の申し込みにあたり、工事の立ち会いは必須な回線が多いです。

ただし、申し込みしたネット回線にもよるのですが

必ずしも契約者が立ち会わないといけないわけではないため 

平日にどなたか身内の方など立ち会える方にお願いすることがおすすめです。

土日は工事の予約が混み合うため、

可能であれば平日に工事を行うことで納期が早くなる可能性が高くなります。

申込みの際、工事の立会は代理人でも可能か、最短いつかなど、詳細を聞いてみてください。

②一時的にポケットワイファイで凌ぐ

開通までの間、契約期間縛りのないポケットワイファイを使うこともおすすめです。

工事が終わるまでの間、契約期間の縛りがないポケットワイファイを使い、

工事が終わったタイミングで返却すれば

解約金がかからずにご利用いただくことができます。

返却や解約のタイミングなどはポケットワイファイの運営元により異なるので、

しっかり確認しておきましょう。

③NTT以外の回線だと納期が早いことがある

JCOMやau光などケーブルやKDDIの回線だと、

1ヶ月未満で開通するなど比較的納期が早いことがあります。

こちらもタイミングや環境によってどうしても異なってくるので、

一度問い合わせて納期を確認してみてください。

 

④請求は工事が終わったタイミングから課金のため早めに申し込んでおく

急遽ネットが必要になった場合には使いづらい手法ですが、

早めに申し込みをしておくと工事の予約に空きがあるため、

利用したい日がおおよそ決まっているのであれば早めから予約をしておくと良いでしょう。

光回線の費用が発生するのは通常工事が終わったときからなので、

引っ越しが決まった、ネットがいる時期がわかったタイミングで

早めに申し込みを済ませておきましょう。

⑤置型のコンセントに刺すタイプのWi-Fiを使う

工事が不要、コンセントに刺すだけで使えるタイプのものもあり、

絶対に光回線が良い、というわけではないのであればこちらもおすすめです。

光回線に比べ速度は落ちる可能性もありますが、届き次第使えるので納期は断然早いです。

工事の内容は?

工事の内容に関しては、

戸建てか、マンションかアパートか、マンションの場合マンションラックが入っているかの主に3つによって

工事の内容が異なります。

①戸建ての場合

戸建の場合、電柱から直接自宅に線を引き込みます。

エアコンのダクトや電話線の穴などから引き込むのですが、

穴あけやビス止めが必要になる場合もありますので、

気になるのであれば工事内容の詳細まできちんと確認しておいたほうが良いでしょう。

②マンションやアパートでマンションラックがある場合

マンションまで光が来ている状態ですので、

室内まで線を引き込むだけのシンプルな工事です。

壁に傷をつけることも基本的にはありません。

室内に光コンセントがある場合は無派遣工事と呼ばれ、

工事担当が伺うこともなく機器を設置するだけで完了します。

③マンションやアパートでマンションラックがない場合

戸建てと似ており電柱から直接線を引き込むため

エアコンのダクトから線を通したり

穴開けやビス止めが必要な可能性があります。

しかし、管理会社に穴開けなどが可能か事前に確認が入りますので、

勝手に穴を開けることはありませんのでご安心ください。

工事の詳細も、念の為申込みの際に聞いておくと良いです。

まとめ

いかがでしたか?

いざ必要になった際慌てないよう、

ネット環境を整えておくことはこのご時世とても大切です。

また、会社によっては

開通までの間ポケットWi-Fiの貸出を行っている会社もあるので、

一度お問い合わせをしてみてください^^

【転勤族】単身赴任におすすめのWi-Fiは?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113182146p:plain

 

引っ越しが多いから固定回線を引くのはちょっと…

単身赴任のたびに解約するのは費用がかさむ…

そんな単身赴任や転勤族など、様々な場所に行くことが多い方におすすめなのが

光回線ではなくポケットWi-Fiや置型のWi-Fiです!

おすすめポイントをまとめてみました。

ポケットWi-Fiがおすすめの理由

ポケットワイファイがおすすめの理由をメリットと併せてまとめてみました。

①住所変更無しで使える

光回線など他のタイプだと、引っ越しの際住所変更など手続きが必要なことも多いのですが、

引っ越しのたびになにか手続きをする必要がない点、

ポケットWi-Fiはおすすめです。

引越し先に持っていくだけで利用が可能です。

②外でも使える

ポケットWi-Fiは自由に持ち運びが可能なので外でも利用することが可能です。

自宅以外でも使いたい場合、持ち運べるポケットWi-Fiがおすすめです。

③会社ごとで複数のプランがあるので自分にあったプランを見つけやすい

複数社、また複数プランがあるので、

・使った分だけ請求が来るプラン

・とにかく月額が安いプラン

通信制限がない無制限のプラン

などと、自分にあったプランが見つけやすいという点においても

ポケットWi-Fiがおすすめです。

④キャッシュバックがもらえる

生活に必要なWi-Fiを申し込むに当たり、

キャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンをしている会社もあります。

自分にあうプランがあれば、キャッシュバックも受け取ることができお得にお申込が可能です。

⑤工事不要

ポケットワイファイですので、光回線とは違い工事が不要です。

ポケットWi-Fiのデメリット

しかし、ポケットワイファイにもデメリットはあります。

①エリアが限られている

基本的にポケットWi-Fiには利用できるエリアが設けられています

そのため、

引越し先全部で、また全ての外出先で使えるとは限らない点がデメリットです。

主要都市では基本的に可能ですが、

主要都市から外れたところなど電波が入らない可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

通信制限や容量のギガが上限に達した場合使えなくなる可能性

プランによるので全てのプランに該当するとは言えませんが、

一度に使いすぎると通信制限がかかったり、

ギガ数の上限に達するとその当月は使えなくなる場合があります。

プランをしっかり確認することを怠らないよう、気をつけましょう。

置型Wi-Fiがおすすめの理由

続いて置型Wi-Fiのメリットをまとめてみました。

①住所変更をすれば解約不要で利用できる

引っ越しのたびに住所変更をすれば、

都度解約をしなくても引越し先に持っていくことが可能です。

変更方法はWEBでできたり電話が必要だったり、会社により様々ですが

引っ越しの可能性がある方は、事前に変更方法を聞いておくと良いでしょう。

通信制限がかからず無制限で使える

ポケットWi-Fiだと通信制限がかかることもありますが、

置型Wi-Fi基本的に通信制限がかからず無制限で利用ができます

容量を気にせず使いたい方にはおすすめです。

③置くだけで使えるため工事不要

面倒な設定はいらず、コンセントに刺して置くだけで利用ができます。

工事も不要なので、部屋を傷つけることももちろんありません。

④キャッシュバックがもらえる可能性が高い

申し込みにあたり、キャッシュバックのプレゼントが付いてくることが多いです。

必要なWi-Fiを申し込むだけでキャッシュバックがもらえるのでお得です!

⑤携帯プランによってはセット割が利く

利用している携帯電話によって、月額料金に割引が入る可能性があります。

こちらの詳細は携帯電話のプランにより異なるのですが、

ソフトバンクユーザーがソフトバンクエアーを申し込むと500円〜割引が入るなどキャンペーンがあるので、

申込みの際お電話口で聞いてみてください。

置型Wi-Fiのデメリット

そんな置型Wi-Fiにも、デメリットはあります。

①エリア確認が必要

ポケットWi-Fiと同様、提供エリアに限りがあるため

引越し先に持っていけるとはいえエリア外だと使えません

次の引越し先の目処もついているのであれば、

事前にエリアの確認を依頼しておきましょう。

②引っ越しのたびに住所変更がいる

引っ越しのたびに住所変更をしないと、利用できない点少し手間がかかります。

電話一本やWEBから変更が可能ですが、

住所変更無しでは利用できず、また旅行先など自由に持ち運べるわけではないので、その点は注意です。

まとめ

いかがでしたか?

高速の光回線が不要という方や、引っ越しが多い方には

ポケットWi-Fiや置型Wi-Fiがおすすめです。

手続きが少なく外でも使えるポケットWi-Fiのほうが合っているのか、

容量を気にしない置型Wi-Fiのほうが合っているのか、

お客様の利用方法に合わせて、ぜひ検討してみてくださいね^^

【工事不要】すぐに使えるWi-Fiって?安いネットが良い!

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113165547p:plain


Wi-Fiが欲しいけど工事が大変そうだからしたくない、、

工事無しで使えるインターネットや光回線ってあるのかな?

工事不要で安いネットが良い!

と思った方、結論、工事なしでもWi-Fiの利用は可能です!^^

置くだけで使える置型のWi-Fiなど、いくつかまとめてみました。

工事無しでネットを使う方法

工事無しでネットを使う方法は、いくつかあります。

①置くだけ、コンセントで使えるWi-Fi

部屋のコンセントに刺し、置くだけで使えるWi-Fiがあります。

この場合、もちろん工事は不要ですので

納期も早くご利用いただくことができます!

例えばソフトバンクエアーやドコモのホームルーターなど。

もちろん無制限でご利用いただけるので、通信制限の心配もありません^^

引っ越しをする場合も、住所変更をすれば新居で使えるので

引っ越し予定がある人にもおすすめです。

注意点として利用したい場所で使えるか、

エリア確認が必要ですので、一度問い合わせてみてください。

②ポケットWi-Fi

家だけでなく、外でも使いたい方にはポケットWi-Fiがおすすめです。

こちらも工事不要で、しかも外にも持ち運ぶことができます。

ただし、通信制限がかかるプランもあるので、

通信制限がかからないものが良い

・容量が多いものが良い

・あまり使わないから安いものが良い

など、自分の活用方法にあったポケットWi-Fiを申し込みしてください。

③光コンセント付きの物件に住む

マンションの場合、光コンセントというすでに部屋まで光がきていて、

申し込みをし線をつなぐだけで光回線を利用できる建物があります。

その場合、通信制限もかからず高速で利用が可能なフレッツ光などNTTの光回線もおすすめです

まずは↓光コンセントがついているか、

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113141834p:plain

(※参照https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/130308_01.html

確認し、ついていれば

光回線の申し込みをするのも良いでしょう。

ただし、この光コンセントはNTT回線用のため、

NTTの回線の場合のみ工事不要になります。

申し込みを考えている回線がNTTの回線を利用しているのか、

もしくは光コンセントがあるが工事不要か?と、直接聞いてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

Wi-Fiを利用するのに、工事は必ず必要ではありません!

工事が不要でも使えるWi-Fiも検討してみてください。

Wi-Fiの電波が不安定や弱い理由って?中継機を置くとネットが繋がる?!

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220113154843p:plain


家の場所によってはネットが繋がらない・・

戸建ての2階に行くとWi-Fiの電波が弱い、不安定で安定しない

ネットがおかしいのかな?

と思ったことのある方、

ネットの性能上、ルーターから遠い場所に行くと

どうしても電波は弱く、不安定になってしまいます。

そんなときの解消法として、中継機を置くことをおすすめしています!


 

中継機とは?

中継機とは、その名の通り電波を中継する機械です。

広いお家の場合や、一部の場所でのみ電波が悪い場合、電波を中継する中継機を置くことで解決することが多くあります。

中継機の使い方


 

使い方としては

ルーターと電波が弱い場所の中間地点に置くと良いと言われています。

コンセントに刺して使う形です。

また、中継機によってはそこから有線接続もできるので、

電波を落ち着かせたいときは有線接続でLANケーブルをつなぎ、部屋の近くにおいても良いでしょう。

家電量販店でも売っていますよ^^


 

有線接続とは?

ネットの利用方法は有線接続無線接続があります。

有線接続とは線でPCとルーターや中継機をつなぐこと

無線接続Wi-Fiを飛ばして利用することを言います。

電波が弱いのではなく、不安定になっている可能性もあるので、

LANケーブルを利用して

ルーターから直接、もしくは中継機から有線接続で試してみるのも良いでしょう。

LANケーブルも家電量販店でも購入が可能です^^


 

中継機やLANケーブルでも解決しない場合

中継機やLANケーブルを試したけど改善しなかった場合、ネット本体の故障の原因があります。

ネット回線を見直す

一部の場所で電波が弱い場合だと、

ネット回線本体が悪い可能性は少ないですが、

近くでも電波が弱い場合など、利用回線の電波自体が弱い可能性もあります。

その場合、ネット回線を切り替えるのも良いでしょう。

NTTからSONYのNUROに切り替える

KDDIからNTTに乗り換えるなど、

他社の回線に切り替えることで改善する可能性もあるので、

検討してみてください。

その場合解約金が発生する場合があるため、

違約金保証がある回線やキャッシュバックがある回線に切り替えると

解約金を補填できるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

リモートワークも多くなってきた今、

ネット環境の構築はとても大切になりました。

中継機は価格としても5000円ほどと1万円以下で買えるものがほとんどです。

ネットがおかしいのではないか?と先走り、ネット回線を切り替える前に、

一度中継機で解決しないか試してみましょう。